空白 6のコピー.jpg
cp-logo.png

​働き、得た賃金で暮らす。
そんな当たり前な暮らしへの
知的障害者のチャレンジ。

​ある日、尾道にある障害者の就労支援の会社チャレンジドパーソンに出会いました。

そこでは知的障害のある利用者の方が支援員のサポートのもと、清掃などのお仕事をして

働いていました。お昼ご飯には自分で詰めた、お弁当。休憩時間には自分の好きな歌手の話やゲームの話で盛り上がり、たくさんの笑顔と笑い声、ただただ和やかな時間。

障害者の就職の難しさという、今まであった知識を覆されるような現状がそこにはありました。しっかりとお給料を得て暮らしている。

障害のあるお子様の親御さんが、もし自分がいなくなった後の子供さんの​未来を想い

不安を抱えているなら、こんな会社があることを知って下さい。

一人で暮らせたり、生活に必要なお金を一人で稼げたり

本気で寄り添い、支援員が一丸となってサポートしている場所があることを。

多様性が広がる社会?いやいや、障害者の暮らしすら知らないのに、

多様性を受け入れるなんて言えません。まずは知ること

ここではチャレンジドパーソンの利用者の方、支援員の声をお届けしていきます。

CP.001.jpeg
CP.002.jpeg

ご利用や採用情報など、

すべてのお問い合わせはこちらから

cp-logo.png
  • 黒のYouTubeアイコン
  • Facebook Round
  • Instagram - Black Circle

© 2021 NPOmamanohibi